統一地方選/蔡総統、蘇行政院長を慰留 統一地方選敗北で辞意/台湾

2022/11/28 15:35:13
報道陣の取材に応じる蘇貞昌行政院長(前)=台北市で2022年11月28日、中央社記者謝佳璋撮影
報道陣の取材に応じる蘇貞昌行政院長(前)=台北市で2022年11月28日、中央社記者謝佳璋撮影

(台北中央社)26日に投開票された統一地方選で、与党・民進党の敗北を受けて辞任を申し出た蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)を蔡英文(さいえいぶん)総統が慰留した。蘇氏は28日、激しく変わる国内外の情勢に対応してほしいと蔡総統から言葉をかけられたと明らかにした。

民進党は焦点となった首長選で、現有7県市から5県市にポストを減らし、西部の主要6県市中4県市を落とした。蔡総統は26日夜、責任を負うとして兼務していた党主席(党首)の辞任を表明した。

蘇氏は28日、イベントの出席前、報道陣の取材に応じ、与党として選挙結果を真摯に受け止めるとコメント。慰留されたことについては、蔡総統から職務を全うしてこそ、市民の期待に応えられると鼓舞されたと明かした。

(頼于榛/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。