安倍氏死去/政府機関で半旗 安倍氏への弔意と感謝表す/台湾

2022/07/11 11:51
半旗が掲げられた総統府(7月11日撮影)
半旗が掲げられた総統府(7月11日撮影)

(台北中央社)安倍晋三元首相の死去を受け、総統府や立法院(国会)を含む政府機関や公立学校で11日、半旗が掲げられた。

蔡英文(さいえいぶん)総統は、安倍氏への弔意と感謝を表すと同時に、台湾が日本と共に民主主義や自由の価値、理念を堅持していく決意を示すとして半旗の掲揚を決めた。

(編集:楊千慧)

立法院(7月11日撮影)
立法院(7月11日撮影)
中正紀念堂(7月11日撮影)
中正紀念堂(7月11日撮影)
国父紀念館(7月11日撮影)
国父紀念館(7月11日撮影)
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。