バイデン氏、台湾有事の軍事関与は「約束」 海峡の平和と安定支持

2022/05/23 19:09
会談後、共同記者会見に臨むバイデン米大統領(23日午後、東京・元赤坂の迎賓館)=中央社記者楊明珠撮影
会談後、共同記者会見に臨むバイデン米大統領(23日午後、東京・元赤坂の迎賓館)=中央社記者楊明珠撮影

(台北中央社)日本を訪問中のバイデン米大統領は23日、岸田文雄首相との会談後に開いた共同記者会見で、台湾海峡の平和と安定を支持する姿勢を示した。また、台湾有事の際、軍事的に関与するかとの質問に「イエス。それが私たちの約束だ」と答えた。

バイデン氏は、米国が「一つの中国」政策を取っていることに言及しつつ、「力によって奪えるという考えは適切ではない」と指摘した。

▽ホワイトハウス「台湾政策に変更なし」

ホワイトハウスは記者会見後、バイデン氏の発言について「台湾に関する政策に変更はない」と釈明した。米国の「一つの中国」政策と、台湾海峡の安定と平和への関与を改めて示したものだとし、「台湾関係法にのっとり、防衛に必要な軍事的手段を台湾に提供する約束についても確認した」と説明した。

▽外交部「心からの歓迎と感謝」表明

外交部(外務省)は「バイデン大統領と米国政府が、台湾との約束が盤石だと改めて示したことに心からの歓迎と感謝を表明する」とコメントした。

共同記者会見に臨むバイデン米大統領(左)と岸田文雄首相(右)=23日午後、東京・元赤坂の迎賓館、中央社記者楊明珠撮影
共同記者会見に臨むバイデン米大統領(左)と岸田文雄首相(右)=23日午後、東京・元赤坂の迎賓館、中央社記者楊明珠撮影

また、日米首脳が共同声明で、台湾海峡の平和と安定の重要性を「国際社会の平和と繁栄に必要不可欠な要素」と位置付けたことについても歓迎し、「米国政府と日本政府が台湾海峡の平和と安定を重要視し続けていることに感謝する」とした。

外交部は、今回の日米首脳会談によって台湾海峡の平和と安定の維持が国際的な共通認識となっていることが改めて示されたと言及。台湾はインド太平洋地域の一員として、民主主義や自由、人権、法の支配などの普遍的な価値観を堅持し続けるとし、米国や日本など理念の近い国々との協力を深化させていく立場を強調した。

(黄雅詩/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。