アプリで読む
ダウンロード

福島原発処理水放出 台湾の専門家、23日に訪日へ IAEAと同等の調査目指す

2022/03/21 16:53

東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出について、台湾は23日から5日間の日程で、専門家で構成された視察団を日本に派遣する。一行は27日まで滞在し、放出計画について把握する予定。行政院(内閣)原子能委員会(原子力委員会)の謝暁星(しゃぎょうせい)主任委員(閣僚)が21日、明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.92