張忠謀APEC代表、台湾のコロナ対応経験の共有訴える 非公式首脳会議で

2021/07/17 14:32

アジア太平洋経済協力会議(APEC)の非公式首脳会議に台湾の代表として参加した張忠謀(モリス・チャン)氏は16日、総統府で記者会見に臨み、新型コロナウイルスと闘ってきた台湾はその経験と知識を他のAPECメンバーと共有する意向があり、それに向けた準備が整っているとの台湾の姿勢を伝えたと報告した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。