「チャイナエアライン」改名に最低40億円 懸念多く/台湾

2020/04/15 18:56

中国の航空会社だと誤解されるとして改名を求める声が上がっている台湾の航空会社「チャイナエアライン」(中華航空)。交通部(交通省)民用航空局は同社の社名変更にかかるコストについて、少なくとも11億台湾元(約40億円)と見積もっている。また、同社に割り当てられている各地国際空港の発着枠を社名変更後もそのまま引き継げるか、中国から政治的な圧力がないかなどの懸念も指摘されている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。