米下院議員、台湾との国交回復求める決議案提出

2018/06/22 12:33

米共和党のダナ・ローラバッカー下院議員は20日、台湾との国交回復などを米政府に提言する決議案を提出した。決議案では、米国の「一つの中国」政策には欠陥があるとし、これに代わって現状に合った「一中一台(一つの中国、一つの台湾)」政策をとるべきだと指摘した上で、台湾を主権独立国家と認めるよう呼び掛けている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。