頼清徳新内閣が発足 まずは来年度予算案の調整に着手/台湾

2017/09/08 12:54

頼清徳新行政院長(首相)は8 日午前、台北市内の総統府で就任宣誓を行い、新内閣を発足させた。閣僚の顔ぶれは、金融監督管理委員会や国家発展委員会の各主任委員など一部が入れ替わったのみで、大半が留任した。新内閣はまず、林全内閣が閣議決定し立法院(国会)に提出していた2018年度の予算案を撤回し、調整を行う。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。