「東京五輪には『台湾代表』で出場」=野党国会議員が名称変更支持

2016/08/28 16:16

野党・時代力量の徐永明立法委員(国会議員)は27日、会員制交流サイトを更新し、スポーツの国際大会などで使用されている中華民国(台湾)代表の名義について、「2020年の東京五輪には『チャイニーズ・タイペイ』(中華台北)ではなく、『台湾』で出場したい」との考えを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。