台湾、中国大陸依存からの脱却目指す「新南向政策」綱領採択

2016/08/18 16:00

蔡英文総統は16日、林全行政院長(首相)や李大維外交部長(外相)らを招いての「対外経済戦略会談」を開き、中国大陸への依存から脱却し、東南アジアや南アジアなどとの関係強化を目指す「新南向政策」の政策綱領を採択した。5月に発足した蔡政権は同政策を重要な経済戦略の一つに位置づけている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。