沖ノ鳥沖への巡視船派遣、「新政権でも継続を」=漁獲増に喜ぶ台湾漁民

2016/05/12 14:43

屏東県の琉球区漁会(漁協に相当)の蔡宝興・総幹事は12日、政府が沖ノ鳥礁(日本名:沖ノ鳥島)近海で行っている台湾漁船の操業保護に対し、船主から漁獲量が増加したという喜びの声が上がっていると語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。