李登輝氏、靖国参拝も行った台湾野党を激励 議会選大敗で解党の危機

2016/01/21 14:39

16日に投開票された立法委員(国会議員)選挙で、改選前に3席あった議席を全て失い、解散も含めた動向に注目が集まっている野党・台湾団結連盟(台連)。同党の精神的指導者とされる李登輝元総統は19日、手紙を通じて、解散は望んでおらず、新たに方向性を定めることなどで「台湾人は再起の機会を与えてくれる」と関係者を励ました。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。