アプリで読む
ダウンロード

生徒会主導で高校内にコンビニ開店 学生自治の精神示す/台湾・彰化

2024/06/05 18:22
員林高校内に開店したコンビニエンスストアで商品を見る生徒=中央社記者鄭維真撮影
員林高校内に開店したコンビニエンスストアで商品を見る生徒=中央社記者鄭維真撮影

中部・彰化県の国立員林高校に5日、コンビニエンスストア「OKマート」(OK超商)が開店した。生徒会が主導し、業者との交渉なども行った。同校の楊豪森校長は、生徒会が学生自治の精神を示したとして評価している。

生徒会に所属する陳昱婷さんは中央社の取材に応じ、校内で食品を販売するには食品安全に関する認証などが必要なため販売できる商品が多くない上に、営業時間などにも制限があり、業者は学校での営業をあまり望まないと吐露。他のコンビニから断られたものの、最終的には幸いなことに相談に乗ってくれる業者が現れたと語った。

楊氏は、生徒会が外部のリソースを探し求めてそれぞれの意見を交わし、最終的にウィンウィン(相互利益)の状態を達成したと述べた。

(鄭維真/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.66