珍客のカリガネ、台南に舞い降りる 「マナーを守って観察して」

2022/01/18 18:33

南部・台南市の白河区でこのほど絶滅危惧種の珍鳥、カリガネが観測された。野鳥を専門に撮影する黄蜀婷さんによれば、カリガネは台湾ではなかなか見ることのできない珍しい渡り鳥で、台湾で越冬するのはほんの一部の迷鳥しかないという。

見慣れない鳥が飛来したという情報が広がると、カメラを担いだ愛鳥家が相次いで現地を訪れている。撮影距離が近すぎたためか、飛来した3羽のうち2羽が驚いてしまい、どこかに飛んでいってしまった。

同市生態保育学会からこの知らせを受けた白河区公所(役所)は、カリガネの採食可能なエリアの外側に複数のカラーコーンを設置し、立ち入り禁止区域とした。「珍しい客が台南で無事冬を過ごせるように」と皆の協力を呼び掛けた。

(写真=黄蜀婷さん提供/編集:荘麗玲)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。