台湾プロ野球、3年ぶりにオールスター戦 7月末に台中で

2022/05/18 18:37
記者会見に臨むCPBLの蔡会長(後列中央)や各球団のチアガール=5月18日、台北市
記者会見に臨むCPBLの蔡会長(後列中央)や各球団のチアガール=5月18日、台北市

(台北中央社)台湾プロ野球リーグの中華職業棒球大聯盟(CPBL)は18日、台北市内で記者会見を開き、オールスターゲームを7月30日と31日に台中インターコンチネンタル球場で実施すると発表した。新型コロナウイルスの影響で昨年と一昨年は中止となったため、3年ぶりの開催となる。

ファン投票などによって選ばれたスター選手と、国際大会のために選ばれた台湾代表が対戦する。台湾は昨年、東京五輪の最終予選を辞退。3月に予定されていた日本代表(侍ジャパン)との強化試合も中止となった。CPBLの蔡其昌(さいきしょう)会長は、代表メンバーも決まっていたのに残念だったとし、オールスター戦では台湾代表のために準備していたユニホームを使用すると明かした。

スター選手を率いるのは昨年、年間王者に輝いた中信ブラザーズの林威助監督(元阪神)。台湾代表は侍ジャパンとの対戦で監督を務めるはずだった統一ライオンズの林岳平監督が指揮を執る。

スター選手のファンによる投票はインターネットや雑誌などで実施。専門家による選出も行われる。

(楊啓芳/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。