台湾サッカー女子代表、日本でプレーの選手合流 越後監督「士気高まった」

2022/01/19 19:04
日本でのプレー経験がある蔡明容(左)と程思瑜=中華民国サッカー協会提供
日本でのプレー経験がある蔡明容(左)と程思瑜=中華民国サッカー協会提供

(台北中央社)インドで20日に開幕するサッカーの女子アジア・カップに臨む台湾女子代表。日本でのプレー経験がある選手が合流し、越後和男監督は18日、チーム全体の士気が大きく高まったと話した。試合に向けて準備を整えていくという。

越後監督は2019年に就任。台湾女子代表を14年ぶりのアジア杯出場へと導いた。同大会は2023年ワールドカップ(W杯)予選を兼ねており、W杯出場への期待も集まっている。代表チームは12日にインドへ出発し、18日、リモート会見を開いた。

台湾サッカー女子代表の越後和男監督(右)とキャプテンの丁旗=中華民国サッカー協会提供
台湾サッカー女子代表の越後和男監督(右)とキャプテンの丁旗=中華民国サッカー協会提供

日本から招集されたのは、ゴールキーパーの程思瑜と蔡明容。程はジェフユナイテッド市原・千葉レディース所属。蔡は先月までFCふじざくら山梨に在籍していた。越後監督は2人が日本での経験を他のメンバーに伝えることで、チーム全体のパフォーマンスが上がることに期待を示した。

キャプテンを務める丁旗は、チーム全体の雰囲気は非常に良いとコメント。休憩時にも改善点を互いに指摘し合っているという。

台湾代表は20日夜、初戦で中国と戦う。

(黄巧雯/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。