アプリで読む
ダウンロード

高雄市農業局、フーデックスに出展へ フリーズドライの果物で商機狙う/台湾

2024/02/26 18:55
3月上旬開催のフーデックスジャパンに出展される南部・高雄市産の農産物やその加工品の数々=同市政府農業局提供
3月上旬開催のフーデックスジャパンに出展される南部・高雄市産の農産物やその加工品の数々=同市政府農業局提供

(高雄中央社)来月上旬に東京都内で開催される食品・飲料展「フーデックスジャパン」に、南部・高雄市政府農業局が市産の農産品を扱う9社を率いて出展する。保存の難しさなどの課題を克服できるフリーズドライの果物ギフトセットを紹介し、受注獲得を狙う。

同市は2013年以降、同展に毎回出展している。

今回同局がPRするギフトセットは高雄のパイナップルやバナナ、グアバなどを加工したもので、保存のしやすさの他、生の果物では必要な検疫を受けなくてよいメリットがある。フリーズドライ技術によりサクサクとした食感に仕上げられ、果物の風味や色合い、栄養を保つことができたという。日本では初めてお披露目される。

同局は出展に当たり、農産品の適性や売り上げ拡大における障害、輸出販売の潜在力などを分析。生のバナナやパイナップル、インドナツメの他、高級ライチ「玉荷包」を使った酒や蜂蜜関連製品なども紹介するとしている。

フーデックスジャパンは3月5~8日、東京ビッグサイトで開催される。

(蔡孟妤/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.111