年末ボーナス、台湾高鉄は新型コロナの影響で例年より減額=1.8カ月分

2022/01/20 13:35
年末ボーナス、台湾高鉄は新型コロナの影響で例年より減額=1.8カ月分
年末ボーナス、台湾高鉄は新型コロナの影響で例年より減額=1.8カ月分

(台北中央社)台湾高速鉄道(高鉄)は19日、旧正月(春節)を前に支給する年末ボーナスについて、1.8カ月分になると発表した。同社は昨年、新型コロナウイルスの影響で前年に比べ約2割の減収となり、ボーナス支給額は創業以来初めて2カ月分を下回った。

同社は新型コロナの国内感染拡大を受け、利用者が減少。感染状況は落ち着いたものの、今後も変異株の影響を受ける恐れがあり、運営には不確実性が残ると説明した。

航空業界では、エバー(長栄)航空がすでに1.5カ月分のボーナスを支給することを発表。一方、貨物が好調だったチャイナエアライン(中華航空)は、6カ月分支給すると明らかにしている。

(蔡芃敏/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。