台湾産ブンタン、対日輸出50トン以上見込む 中秋節前には店頭に

2021/09/14 13:00
台湾産ブンタン、対日輸出50トン以上見込む=写真は農糧署提供
台湾産ブンタン、対日輸出50トン以上見込む=写真は農糧署提供

(台中中央社)行政院(内閣)農業委員会農糧署は13日、今年の台湾産ブンタン(文旦)の対日輸出量が50トンを超える見込みだと明らかにした。この日、日本向けに輸出される分の出荷作業が行われた。21日の中秋節前にはスーパーの店頭に並ぶ見通しだという。

台湾では中秋節にブンタンを食べる習慣があり、秋の果物として親しまれている。同署は輸出促進に力を注いでおり、輸出量は今月7日時点で前年同期比88%増の4757トンに達したという。主な輸出先は中国だったが、より多様な市場を開拓しようと他国への輸出にも力を入れている。

日本向けに輸出するには、厳しい検疫水準を満たす必要があったと同署は説明。低温検疫処理の工程をまとめたほか、業者や農家の監督に当たるなど品質管理を徹底したとし、その成果として、今年初めて日本の食品スーパー、ヨークベニマルから台湾ブンタンの注文を受けたと喜びを示した。

(郝雪卿/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。