らーめん山頭火の台湾・台中店、期限切れ食材使用 店側「従業員のミス」

2017/03/22 11:31

北海道旭川発祥のラーメンチェーン「らーめん山頭火」の台湾中部・台中市内の直営店で、消費期限切れの食材が使用されていたことが21日、分かった。台中市衛生局が13日に実施した立ち入り検査で、倉庫内に期限切れの黒胡椒1缶ととんかつの下味用の粉1袋が見つかった。店側は「従業員のミス」だと説明。期限切れ食材を使っていたメニューの販売は13日以降中止されている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。