香港の映画業界組織、台湾・金馬奨の参加に「熟考」を呼び掛け 大陸委「良作を歓迎」

2022/09/16 11:36
香港の映画業界組織、台湾・金馬奨の参加に「熟考」を呼び掛け 大陸委「良作を歓迎」
香港の映画業界組織、台湾・金馬奨の参加に「熟考」を呼び掛け 大陸委「良作を歓迎」

(台北中央社)香港の映画制作者や企業でつくる「香港影業協会」(MPIA)が台湾で毎年開かれる映画の祭典「ゴールデン・ホース・アワード」(金馬奨)への参加を考える会員に対し、「熟考」を促す書簡を送信したと香港メディアで報じられたのを受け、台湾で対中政策を担う大陸委員会は14日、「永遠に両手を広げて素晴らしい作品を歓迎する」と書面でコメントした。

香港メディアによれば、同協会は13日、会員に対し、近年の金馬奨は「日増しに政治化」しており、複数の台湾の監督や芸能人が「政治と映画を一緒くたにし、映画の独立した芸術性を汚している」などと指摘。参加を考える会員に対し、「とばっちりを食らわないよう、必ず熟考してください」と呼び掛けた。

大陸委員会は「金馬奨は映画制作の自由を尊重する国際的な賞であり、華人映画圏で最も指標性を有する栄誉」だと説明。映画文化が尊重されるよう願った。

(呂佳蓉/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。