中国、台湾からの食品輸入規制拡大 菓子や茶葉なども対象に

2022/08/02 15:42
台湾の国民的スタック「乖乖」。中国による今回の輸入規制の対象に含まれる
台湾の国民的スタック「乖乖」。中国による今回の輸入規制の対象に含まれる

(台北中央社)中国の税関業務を担当する海関総署が、台湾の食品輸入に関する規制の対象を広げたことが1日、明らかとなった。水産品をはじめ、ビスケットなどの菓子類、茶葉、蜂蜜関連商品などを扱う複数企業の商品が、新たに輸入を一時停止されている。

同署のウェブサイトによると、「ビスケット、ケーキ、パン」の項目に登録されている台湾企業107社のうち、35社が「輸入一時停止」とされた。

輸入一時停止の理由について、企業登録の更新や資料の追加提出が完了していない台湾メーカーの商品の輸入を、中国が定める規定に従い、制限したとしている。

行政院(内閣)農業委員会は、茶葉業者3社や水産品を扱う漁船約700隻も同様の措置となった他、ドライフルーツや蜂蜜関連商品、カカオ豆、野菜などでも影響を受けている企業があると説明。全容の把握に努めている。

行政院の関係者は中央社の取材に、経済部(経済省)などの関連省庁はこの状況を把握しているとし、業者が適切な対応をできるよう支援するとの認識を示した。

財政部(財務省)の資料によると、2021年の台湾から中国や香港に対する加工調理済み食品の輸出額は6億4621万米ドル(約845億円)だったという。

(頼于榛、張璦/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。