アプリで読む
ダウンロード

桃園空港で導入予定の手荷物預け機、一部部品が中国製の疑い 議員が問題視/台湾

2022/06/20 19:29

桃園国際空港第1ターミナルに新しく導入される自動手荷物預け機の搬送設備について、部品の大部分が中国製で、中国政府の管理監督を受ける企業も設備設置工事に関与しているとの指摘が立法委員(国会議員)から上がっている。空港の運営会社は20日、すでに関連業者に事情の説明を求めているとした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107