<F16V墜落>パイロットの死亡確認/台湾

2022/01/15 01:09
殉職した空軍の陳奕上尉(大尉)=facebook.com/cafhqから
殉職した空軍の陳奕上尉(大尉)=facebook.com/cafhqから

(嘉義中央社)南部・嘉義県沖の台湾海峡で11日、空軍のF16V(ブロック20)戦闘機が訓練中に墜落した。14日夜、行方不明だったパイロットの死亡が確認された。

墜落現場で見つかった人の指などから採取された検体のDNA鑑定で、F16Vに乗っていた陳奕上尉(大尉)のものであることが分かった。

陳氏は1994年生まれ。総飛行時間321時間で、F16Vの飛行時間は60時間。士官学校時代の2016年、SNSで「空軍に入ったのはパイロットになりたいからだ」と明かした。また、「『能力が高いほど責任が大きい』と毎日、自戒している」と話した。

(黄国芳/編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。