アプリで読む
ダウンロード

台湾南部で7時間余りに8回の地震 気象署、東部の地震との関連否定

2024/04/13 11:50
嘉義で地震が頻発(中央気象署HPから)
嘉義で地震が頻発(中央気象署HPから)

(台北中央社)12日深夜から13日早朝にかけ、南部・嘉義県を震源とする地震が8回起きた。交通部(交通省)中央気象署(気象庁)地震観測センターの呉健富主任は中央社の取材に、嘉義県の東西に延びる梅山断層や3日に東部海域で起きた地震との関連はないとの見方を示した。

地震は12日午後11時43分から13日午前6時50分まで断続的に発生。マグニチュード(M)は最大で4.9、最大震度は4だった。気象署の統計によると、嘉義では今年23回の地震が起きており、うち19回は4月に起きている。

呉主任は、今回起きた地震の震源地はいずれも梅山断層から遠いと指摘し、断層との関連を否定。今後も地震が起きる可能性があるとしながらも、規模は大きくないだろうと語った。

(余暁涵/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107