アプリで読む
ダウンロード

台湾鉄道が「秩父わらじかつ弁当」販売へ 限定300食 西武グループとコラボ

2024/03/13 12:49
台鉄が西武グループとコラボレーションして販売する「秩父わらじかつ弁当」(台鉄提供)
台鉄が西武グループとコラボレーションして販売する「秩父わらじかつ弁当」(台鉄提供)

(台北中央社)台湾鉄路(台鉄)は13日、西武グループとコラボレーションした「秩父わらじかつ弁当」を14日に300食限定で販売すると発表した。価格は180台湾元(約840円)。

台鉄と西武ホールディングスが2015年に結んだ友好協定の9周年を記念して販売。わらじかつ弁当は21年にも台湾で販売され、好評を博した。

豚ロースかつをメインに「福」の字が焼き印された焼きかまぼこやハヤトウリの葉、キクラゲ、パプリカの他、ダイコンの漬物などを添え、鮮やかかつ豊かな風味と食感に仕上げた。

台鉄によると、台北駅の弁当販売店「台鉄弁当本舗」台北2号店で、午前11時から200食、午後4時から100食をそれぞれ販売するという。購入者にはマスクとマスクケースも贈られる。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.66