アプリで読む
ダウンロード

嘉義で野鳥観賞シーズン 絶滅危惧種のクロツラヘラサギ約570羽飛来/台湾

2023/11/17 18:48

南部・嘉義県で冬の渡り鳥が飛来するシーズンを迎えている。特にバードウオッチングスポットとして国内外で名が知られている東石鰲鼓湿地では11月上旬、すでにクロツラヘラサギが約570羽渡来。県は野鳥を観察するなら今が最適だとして来訪を呼びかけている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.92