カラフルなパイナップル畑 人気の撮影スポットに/台湾・屏東

2022/05/06 18:08
色とりどりのカバーを付けたパイナップル畑=屏東県政府提供
色とりどりのカバーを付けたパイナップル畑=屏東県政府提供

(屏東中央社)南部・屏東県高樹郷や県を南北に縦断する県道沿いに、色とりどりのカバーを付けたパイナップル畑が出現している。周辺の景観と相まってランドアートのような光景に人気の撮影スポットになっているが、県は6日、収穫シーズンの終わる5月末には見られなくなってしまうとして、早めの来訪を呼び掛けた。

パイナップルは、強い日差しから果実を守るため、シャンプーハットのようなカバーを付ける必要がある。

県によると、2月中旬から生産者の団体などと協力し、7カ所の畑で計26万個近くのパイナップルにカラフルな不織布のカバーを装着したという。

現在見られるのは、屏東智慧農業学校(高樹郷)の隣接地や県道185号線の22~23キロ地点。計5万個以上が栽培されているパイナップル畑がレインボーカラーに染まっている。県は「最後のチャンスを逃さないで」と語っている。

(郭芷瑄/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。