桃園空港、2021年の年間出入国者数91万人 開港以来最低/台湾

2022/01/19 18:55
桃園空港、2021年の年間出入国者数91万人 開港以来最低=資料写真
桃園空港、2021年の年間出入国者数91万人 開港以来最低=資料写真

(台北中央社)桃園国際空港の運営会社は18日、2021年の年間出入国者数が約90万9000人となり、1979年の開港以来、過去最低となったと明らかにした。新型コロナウイルスの影響が理由だという。

同社によると、同空港の開港初年の年間出入国者数は400万人を超え、過去最高を記録した2019年は4800万人を突破していた。21年は前年の750万人に比べ87%減少した。

22年は新型コロナの変異株の影響があるとし、およそ150万人になると予測した。

また今年の旧正月(2月1日)を前にした帰国ラッシュのピークは1月7日の3361人と同14日の3285人で、それ以降は減少に転じているとした。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。