アプリで読む
ダウンロード

台湾の離島3県、空港でのコロナ検査開始へ ウイルスの流入を警戒

2021/05/26 17:03

台湾本島で感染が広がりつつある新型コロナウイルスを水際で食い止めようと、離島の金門県と連江県(馬祖)が26日、空港での抗原検査を開始した。澎湖県は早ければ27日から実施するとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.225