台風9号 台湾全土で103人けが 最大54万戸強停電

2017/07/30 13:21

台風9号は29日午後7時10分ごろ、北東部の宜蘭県蘇澳に上陸し、同10時30分ごろ北西部の苗栗県竹南から台湾海峡へ抜けたが、各地に爪痕を残した。中央災害対策センターが30日午後0時に発表した統計によると、台風に伴う大雨や強風の影響で103人が負傷した。最大54万1008戸が停電、うち41万8869戸がすでに復旧している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。