工事現場から出土の人骨、約1000年前のものと判明/台湾

2016/05/09 18:44

花蓮市内の下水道工事現場で今年1月に見つかった白骨化遺体が、米国で行われた放射性炭素年代測定で約1000年前のものだったことが分かった。鉄器時代に台湾東部で栄えた静浦文化の時期に埋葬された人だとみられる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。