アプリで読む
ダウンロード

台鉄の特急列車、土石流で脱線 7人けが/台湾・花蓮

2024/06/21 18:47
台湾鉄道の特急列車が土石流の影響を受けて脱線し、トンネル内を歩いて避難する乗客ら=読者提供
台湾鉄道の特急列車が土石流の影響を受けて脱線し、トンネル内を歩いて避難する乗客ら=読者提供

(台北、花蓮中央社)21日午後4時50分ごろ、東部・花蓮県内で、台湾鉄道(台鉄)の特急列車「自強号」が土石流の影響を受け、一部車両が脱線した。列車は現在、現場近くの清水トンネル内に緊急停車している。台鉄によれば、乗客は525人で、現時点で運転士1人と乗客6人の負傷を確認しているという。

列車は瑞穂(花蓮県)発樹林(北部・新北市)行きの229号。台鉄によれば、崇徳―和仁(共に花蓮県)間を走行中、土石流にぶつかり、2両目の車両が脱線した。運転士は手を骨折し、乗客6人が軽いけがを負った。

事故が発生した区間は午後6時現在、単線双方向運転を行っている。また乗客については区間車(各駅停車)で近隣の駅に輸送するとしている。

(汪淑芬、張祈/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
土砂に覆われた線路=読者提供
土砂に覆われた線路=読者提供
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.66