アプリで読む
ダウンロード

「緊急地震警報」出るも震度1 気象署「他国と協力し観測強化したい」/台湾

2023/09/19 18:24

18日午後9時21分ごろ、東シナ海を震源とするマグニチュード(M)6.8の地震が起きた。これを受け交通部(交通省)中央気象署(気象庁)は2回にわたり「緊急地震警報」を発表したが、実際に台湾で観測された最大震度は1だった。同署は19日、記者会見を開き、予想された揺れの大きさと実際の震度に違いが出たことについて、震源が台湾より遠く、観測に誤差が生じたためとの見方を示した。また今後他国と協力し、観測能力を強化したいとした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.92