昭和天皇ゆかりの台湾の桜、靖国神社に植樹 台日友好の絆の深化願う

2022/03/18 13:23
靖国神社に植えられた昭和天皇ゆかりの台湾の桜=全日本台湾連合会の趙中正会長提供
靖国神社に植えられた昭和天皇ゆかりの台湾の桜=全日本台湾連合会の趙中正会長提供

(東京中央社)昭和天皇が皇太子時代の1923年に行った台湾行啓(ぎょうけい)の際に植樹された桜から株分けされた苗木が17日、東京都千代田区の靖国神社に植えられた。台湾と日本の有志による「桜里帰りの会」が行ったもので、同会の日本側代表を務める加瀬英明さんは、台日の友好の絆の深化に期待を寄せた。

同会は2019年の令和への改元に当たり、新天皇の即位を祝おうと、昭和天皇ゆかりの桜を日本に寄贈する計画を始動させた。同年10月、目録の贈呈式が東京都内で行われ、昨年には苗木が皇居外苑・北の丸公園に植えられた。

苗木はこの日、靖国神社の第1鳥居(大鳥居)付近の緑地に植樹され、「昭和天皇ゆかりの桜」と刻まれた石碑も建立された。

加瀬さんは、第2次世界大戦で戦死した3万人余りの台湾人日本兵が同神社に祭られていることに触れ、この日植えた桜がこれらの人々の魂を慰め、日本とアジアの平和と繁栄を守ってくれるよう願った。

同神社宮司の山口建史さんは、今回の植樹は意義のあることだと述べ、神社として光栄だと話した。

同会の台湾側名誉会長は李登輝元総統の妻、曽文恵さん、日本側名誉会長は安倍晋三元首相の母、洋子さんがそれぞれ務めている。

(楊明珠/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。