昭和天皇ゆかりの台湾の桜、靖国神社に植樹 台日友好の絆の深化願う

2022/03/18 13:23

昭和天皇が皇太子時代の1923年に行った台湾行啓(ぎょうけい)の際に植樹された桜から株分けされた苗木が17日、東京都千代田区の靖国神社に植えられた。台湾と日本の有志による「桜里帰りの会」が行ったもので、同会の日本側代表を務める加瀬英明さんは、台日の友好の絆の深化に期待を寄せた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。