モデルナ製ワクチン約151万回分、台湾に到着

2022/01/25 17:32
モデルナ製ワクチン約151万回分、台湾に到着
モデルナ製ワクチン約151万回分、台湾に到着

(桃園空港中央社)台湾が米モデルナから購入した新型コロナウイルスワクチン151万2100回分が25日午後、桃園国際空港に到着した。政府購入分として今年第1陣となり、検査を経て接種に回される。

台湾で新型コロナウイルス対策を担う中央感染症指揮センターによれば、同社とは2年で3500万回分の供給契約を昨年7月に結んでおり、今年は2000万回分供給される見通し。

この日午前、北部・桃園市の集中検疫所を視察に訪れた蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は視察前、報道陣の取材に応じた。モデルナ製ワクチンの台湾到着に言及。オミクロン株の感染拡大に備え、早期に接種を受けてほしいと国民に呼び掛けた。

(呉睿騏/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。