外来種のオオヒキガエル、台湾中部で増殖 官民共同で捕獲作業展開

2022/01/20 17:48
中部・南投県草屯で捕獲されたオオヒキガエル=曽梨棉さん提供
中部・南投県草屯で捕獲されたオオヒキガエル=曽梨棉さん提供

(南投中央社)中部・南投県草屯鎮で昨年11月、外来種のオオヒキガエルが侵入しているのが見つかった。すでに増殖しており、官民共同で捕獲作業が行われている。

同地では、オオヒキガエルの侵入が確認されて以降、行政院(内閣)農業委員会林務局南投林区管理処(南投林管処)が東華大学や環境保護団体、地元団体などと協力して、捕獲や調査を進めている。

2カ月余りのうちに捕まえたオオヒキガエルは約490匹。捕獲後は県内にある研究施設、特有生物研究保育センターに送られている。同センターの関係者は中央社の取材に対し、一部は研究に役立てたと説明。今後、専門家らと最終的な措置を決めると話した。

南投林管処は、現在のオオヒキガエルの生息範囲は草屯鎮以外に広がった形跡はないとの見方を示す。引き続き捕獲作業を進め、3月の繁殖期までに拡散の可能性を減らしたいとした。

草屯鎮御史地区の発展を促進する御史社区発展協会では、来月にも説明会を開催し、住民らに識別や見つけた際の通報などを周知してもらう予定だ。

林務局は、本来は米国などに生息するオオヒキガエルは高い順応力と強い繁殖力を持つと指摘。小型の野生動物を食べたり、肉食動物を中毒死させることがあり、生態系を壊し、人間や家畜の安全を脅かす恐れがあると警鐘を鳴らしている。

(蕭博陽/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。