アプリで読む
ダウンロード

41回繰り越しの台湾宝くじ、新北で当選者 賞金106億円を独り占め

2021/08/24 12:28

41回にわたる繰り越し(キャリーオーバー)で1等賞金が27億台湾元(約106億円)にまで膨れ上がっていた数字選択式宝くじ「威力彩」の当選番号が23日に発表され、新北市三峡区の宝くじ売り場から単独当選者が出た。宝くじの発売を受託する台湾彩券によれば、単独当選としては台湾史上3番目の高額賞金となった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。