日台の文化交流伝える水彩画展、台北で開催 戦前から現代までを回顧

2020/07/08 16:44

台湾と日本の文化交流にスポットを当てた水彩画展「水彩・武林」が、台北市内で開催されている。台湾の近代洋画の祖と呼ばれる日本統治時代の画家、石川欽一郎(1871~1945)を中心に、水彩画の発展や日台のつながりを振り返る。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。