台湾最大の宗教行事「大甲媽祖巡行」スタート コロナ収束願う

2020/06/12 13:43

台湾で広く信仰されている航海の守護神「媽祖」を乗せた神輿(みこし)が9日間かけて中・南部を巡る台湾最大規模の宗教行事「大甲媽祖巡行」が11日夜にスタートした。新型コロナウイルスの影響下での開催となった今年。主催の中部・台中市大甲「鎮瀾宮」の顔清標董事長(会長)は、コロナ収束を願うとともに、参加する際には「必ずマスクを着用してほしい」と信者らに呼び掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。