「八・二三砲戦」60周年 金門県、戦地ゆかりの元兵士に再訪呼び掛け/台湾

2018/06/20 14:13

中国大陸からの砲撃を機に始まった「八・二三砲戦」(金門砲戦)開戦から60年目を迎える今年、これまで一般人の上陸が制限されてきたかつての戦地、大胆島への上陸が7月26日に全面的に解禁される。金門県は同島で服役していた退役軍人を対象とした特別キャンペーンを実施し、金門再訪を呼び掛けている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。