アダルトビデオほうふつ 台湾大サークル作製の画像が波紋

2017/03/22 18:36

台湾の最高学府、台湾大学(台北市)の高雄出身学生らで構成されるサークルが作製したイベント告知のイメージ画像が波紋を呼んでいる。暴力的なアダルトビデオのパッケージをほうふつさせるデザインだったためで、「性的暴力を宣伝手段として使っている」などとの批判の声が殺到し、サークル側が謝罪する事態に発展した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。