台湾出身日本兵の命救った海軍巡査隊大隊長 ゆかりの地で慰霊祭

2015/09/27 11:40

第2次世界大戦中の1945年2月23日、台湾出身の日本兵約500人を率いてフィリピン・マニラで守備任務に当たった海軍巡査隊、広枝音右衛門大隊長(享年40)の慰霊祭が26日、苗栗県南庄郷獅頭山にある勧化堂で行われ、日台各地から集まった有志ら約50人が広枝大隊長の死を悼んだ。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。