アプリで読む
ダウンロード

台南の遺跡で大規模な発掘進む 台湾最古とみられる5千年前の米も出土

2015/08/12 15:13

台南市内にある南部科学工業園区で大規模な遺跡の発掘作業が進んでいる。約5000年前の人々の営みを伝える遺跡からは炭化した米が大量に見つかっており、台湾最古の米ではないかとみられている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.206