アプリで読む
ダウンロード

台湾・唐奨受賞の本庶氏 「免疫抑制分子の研究深めたい」

2015/06/29 17:07

東洋のノーベル賞と位置付けられる「唐奨」で昨年バイオ医薬賞を受賞した京都大学大学院医学研究科の本庶佑氏が29日、台北市内でメディアのインタビューに応じ、唐奨で得た賞金や研究費を基に、新たな人材を確保し、免疫の働きを抑制する生体分子、PD-1の研究を深めたいと語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.110