中国、高官訪台でリトアニア制裁 外交部が非難「常軌逸している」/台湾

2022/08/14 13:06

(台北中央社)外交部(外務省)は13日、中国がリトアニア運輸通信省のバイシウケビチウテ副大臣の訪台に反発し、制裁措置を発表したことについて「常軌を逸している」とし、民主主義の秩序やルールを無視したいじめ行為だとして強く非難した。

同部は、台湾とリトアニア間の交流は「主権国家同士の正当な交流」だとし、中国政府が「理性的でない報復」を科したと指摘した。

また、リトアニアの政府と国民に対する支持を表明。リトアニアと引き続き協力して中国政府の圧力に対抗していくとし、重要な各領域において台湾とリトアニア間の民主主義の強靭(きょうじん)性を強めていく方針を示した。

リトアニア運輸通信省のバイシウケビチウテ副大臣
リトアニア運輸通信省のバイシウケビチウテ副大臣

バイシウケビチウテ氏らは7日から5日間、台湾を訪問。交通や物流、海運、電動バスなどで台湾との協力を加速させていく姿勢を見せた。

台湾へはリトアニアの高官の訪問が相次いでおり、今年6月には経済革新省と農業省の副大臣が訪台。来月には駐台湾機関が開設される見通し。

(游凱翔/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。