G7、「台湾海峡の安定」2年連続で明記 外交部が感謝

2022/06/29 13:41
G7、「台湾海峡の安定」2年連続で明記 外交部が感謝
G7、「台湾海峡の安定」2年連続で明記 外交部が感謝

(台北中央社)ドイツで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は28日、首脳宣言を採択し「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」と明記した。台湾海峡への言及は2年連続で、外交部(外務省)は報道資料で「強く歓迎し、心から感謝する」と表明した。

同部は、今年に入って行われたさまざまな首脳級の会談や協議で台湾海峡の平和と安定を重視する姿勢が示されたことにも触れ、「台湾海峡の平和と安定はすでに国際社会の共通認識となったことを改めて示した」とした。

同部は、責任を持つ国際社会の一員として民主主義の国々と引き続き連携し、価値観を基礎とした国際秩序の維持に努めると言明。また、G7のメンバーなど理念の近い国々と協力を深化させ、インド太平洋地域の平和と安定、経済繁栄、持続可能な発展を共に守っていく姿勢を示した。

(黄雅詩/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。