中国で足止めされたリトアニア産ラム酒、台湾で販売 立法院が一部購入

2022/01/25 18:58
リトアニア産のラム酒を手に持つ游立法院長(右)
リトアニア産のラム酒を手に持つ游立法院長(右)

(台北中央社)中国の港で足止めされて行き場を失っていたリトアニア産のラム酒約2万400本が18日、北部・基隆市の基隆港に到着した。ラム酒を買い取った台湾煙酒は25日、同社の観光工場12カ所で来月1日から販売開始すると発表した。游錫堃(ゆうしゃくこん)立法院長(国会議長)は同日、リトアニアへの支持を行動で示そうと、立法院(国会)がラム酒の一部を購入したことを明らかにした。

リトアニアメーカーのラム酒は昨年12月、中国の通関で受け入れを拒否された。台湾の代表機関「駐リトアニア台湾代表処」がリトアニアの首都ビリニュスに設置されるなど、リトアニア政府が台湾に接近していることが背景にあるとみられている。

リトアニア産のラム酒を買い取った台湾煙酒が記念性のある化粧箱や紙袋を作成した=facebook.com/yousikun.fansから
リトアニア産のラム酒を買い取った台湾煙酒が記念性のある化粧箱や紙袋を作成した=facebook.com/yousikun.fansから

台湾煙酒は今月3日、このラム酒を全て買い取ると発表していた。同社は記念性のある化粧箱や紙袋を作成し、両国の国旗を印刷した。瓶の裏側の食品表示ラベルは当初の簡体字版から、台湾の法律を満たす繁体字版に貼り替える。26日までに6000本のパッケージング作業が完了する見通し。

価格は1本600台湾元(約2500円)。今月末には台湾ファミリーマート(全家便利商店)でも予約購入が開始される。一部酒屋でも順次販売されるという。

游氏はフェイスブックで「中国が引き続き戦狼外交の形式を用い、経済的手段で多くの民主主義国家をいじめていることは軽蔑に値する。リトアニアが中国の脅威を恐れず、固く台湾を支持し、自由、民主主義を守る決意をしていることにわれわれは感動してやまない」とつづった。

(郭建伸/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。