台湾自主開発の練習機「勇鷹」、量産1号機が初飛行

2021/10/21 17:14

漢翔航空工業(台中市)が開発、製造した新型高等練習機「勇鷹」の量産1号機が21日午前、中部・台中市の清泉崗空港を離陸し、初飛行した。台湾は軍用機の国産化を進めており、歩みをさらに一歩進めた形だ。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。