改良型戦闘機「F16V」、台湾初の部隊が11月に発足へ

2021/09/21 17:34

改良型戦闘機「F16V」の部隊発足式が11月、南部・嘉義の空軍基地で開催される見通しだ。軍関係者が21日明らかにした。既存のF16A/BをV型に改修する計画が進められており、嘉義の部隊に引き渡された機体数が部隊発足の基準に達したという。台湾で最初のF16V戦闘機部隊となる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。